農民参加型水管理の原理と実現方策  [in Japanese] Principles and Methods for Participatory Irrigation Management  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

発展途上国における参加型水管理 (PIM) は, その必要性にもかかわらず十分な成功を収めていない。本報は, その根本的な原因を, PIMの原理的な検討の不十分さにあると考え, 日本の経験と発展途上国における問題点を視野に入れながら, 農民参加による灌概管理の基礎原理を検討した。まずPIMを政府が自身の目標を実現するために必要なものとした上で, 政府と農民の行動目標の違いを認識すること, 平等配水が水管理の目標であることを政府が公言すること, 水管理の内容を4つのプロセスに分け, それぞれの機能に応じて, 政府と農民が役割分担をすること, 農民水管理組織設立の成功のためには, 末端組織と上位組織の同時設立が必要であることを示した。

Journal

  • Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

    Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering 75(7), 615-620, 2007-07-01

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

References:  19

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10019535915
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0020119X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03695123
  • NDL Article ID
    8822561
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-364
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top