東京都心部における賃貸集合住宅価格の付加価値要因に関する研究 An Evaluation of the Qualitative Factor in the Tokyo Apartment House Market

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

住宅が「量より質」の時代となって久しい。これまで主流であった「住まいにあわせた暮らし」はもはや過去の価値観であり,現在は各々の価値観に沿った住宅,いわば「暮らしにあわせた住まい方の実現」が模索されている。本論文はヘドニック・アプローチを用いて東京都心部の賃貸集合住宅価格を推計することで,人々が現在の住宅にどのような付加価値要因を求めているのか,その中でデザインや地域ブランドといった質的な要素がどのように評価されているのかを示すことを第一の目的とした。その結果,「優れたデザイン」という質的な付加価値を表す代理変数として「デザイン賞受賞暦」を取り扱うことにより,建築デザインの価値を計測できる可能性を示すことができた。

As the country grow up and the society matures, Japanese began to seek for the better quality of life. In such an era, quantitative factors such as age, location, structure, and etc are not enough to explain the value of rent price. A hedonic rent model for house space is estimated to determine if the residents of apartments internalize the value of the qualitative factors in the Tokyo Metropolis. The regression results indicate that a considerable rent premium is paid for "good" architectural design. The result also yields the information about the impact on rent of other factors such as regional brand, age, amenities, structure, and so on.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 42(3), 529-534, 2007-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10019724178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8968843
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ