地方圏の都市における住宅地タイプに着目した都市拡散の実態に関する研究  [in Japanese] Study on the actual condition of city diffusion concerning type of residential zones in the cities in local area  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、コンパクトシティがますます注目されており、わが国では様々な行政主体で推進されている。しかし、特に地方圏の都市において都市は拡散し続けているのが現状である。このような状況の中で、都市コンパクト化を進めるには、まずどのような住宅地で人口の増減が進行しているのかという現在の状況を把握することが必要である。そこで本研究では、地方圏の都市を対象とし、住宅地レベルでの都市拡散の具体的な実態を明らかにすることを目的としている。そのために、住宅地タイプに着目して人口密度の変化や公共交通の整備状況などの住宅地の特性、人口構成変化について分析を行った。分析の結果、地方圏の都市では基盤整備や公共交通の整備など計画性の高低に関係なく低密な住宅地が広がっているということを定量的に明らかにすることができた。

In recent years, compact city gained attention, and it is promoted in our country. But diffusion is still progressing in cities, especially in the case of the cities in local area. In such situation, in order to continue with compact city implementation it is necessary to understand current condition, in what types of residential zone population increase/decrease is in progress. The purpose of this research is to clarify the actual condition of city diffusion in the cities in local area. Attention has been paid to the type of residential zones, changes in population density, characteristics of residential zones, and changes of population composition. Result of analysis, it was able to be clarified quantitatively that low population density residential zones had extended regardless of planned height in the cities in local area.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 42(3), 721-726, 2007-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  10

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10019724599
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09131280
  • NDL Article ID
    8969766
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top