非線引き用途地域の縮小に関する研究  [in Japanese] Study on the Reduction of Non-Divided Zoning Area  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

過大に指定された非線引き用途地域は、人口減少に併せて見直す必要があるが、縮小後に土地利用規制が講じられないため、線引き都市計画区域での逆線引きと異なる検討が必要である。そこで本研究では、非線引き用途地域を縮小した自治体を対象とし、用途地域縮小後の実態を明らかにすることで、人口減少社会下でのその縮小のあり方を提示する。その結果、非線引き用途地域の縮小は、人口フレームを重要視しておらず、その縮小理由も過大な指定を見直すというよりは、圃場整備事業の導入や新規に用途地域を拡大するための見返りとして取り組まれている。更に、縮小後の土地利用規制も、圃場整備事業の導入などを動機として取り組まれている他、縮小後の農振除外による開発も確認された。そのため、線引き都市計画区域と同様に、人口フレームの下方修正と併せた定期的な指定範囲の見直しが必要であり、実効性のある縮小後の土地利用規制措置が必要である。

This study presents the ideal way of the reduction of zoning under the depopulation society by clarifying the condition after the reduction for the municipality that has reduced the zoning area. As a result, we clarify the followings. Local authorities don't value the population frame for the reduction of non-area designated zoning area. Examining the reason of reduction, it works in return of the introduction of the farmland readjustment project or the expansion of the zoning area rather than reviewing an excessive designation. In addition, the introduction of the farmland readjustment project works on the land use control after reduction as a motivation. Therefore, the review of zoning area along with a lower level of the population frame is necessary like the area designated city planning area.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 42(1), 136-143, 2007-04-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  8

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10019771596
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09131280
  • NDL Article ID
    8966125
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top