疼痛試験法の実際  [in Japanese] Experimental methods in pain using neuropathic and inflammatory animal models  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年,痛みに関する研究はめざましい進歩をとげているが,臨床では治療困難な痛みが数多く存在し,特に既存の非ステロイド性抗炎症薬が無効であるうえ麻薬性鎮痛薬に抵抗性を示す神経因性疼痛(Neuropathic pain)が問題になっている.そのような背景から,神経因性疼痛モデルの開発とその評価を行う疼痛試験法が研究されてきた.著者らは,ここ数年,神経因性疼痛モデル動物を用いて,その発症機構とそれに有効な鎮痛薬の検索について研究している.そこで本稿では,著者らの実験経験を基に神経因性疼痛と炎症性疼痛の疼痛評価法について解説する.<br>

Journal

  • Folia Pharmacologica Japonica

    Folia Pharmacologica Japonica 130(1), 39-44, 2007-07-01

    The Japanese Pharmacological Society

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10019813322
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00198335
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL Article ID
    8881960
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL Call No.
    Z19-247
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top