環境応答性素材-LIGNIN : その分子設計と持続的社会への展開 LIGNIN : Its Sustainable Design and New Successive Utilization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生態系を撹乱しない持続的な社会の構築には,植物を「機能」と「時間」の因子で動的に理解し,それを材料・原料の持続的な流れとして具現化する新しい社会システムが必須となる。植物構成要素の機能,その流れを制御するリグニンの基本設計を解読するとともに,植物素材の新しい持続的応用展開について考える。

Lignocellulosics are important aromatic and aliphatic sources in the sustainable human society. Their sustainable designs were analyzed, and a novel refining system was proposed, giving phenolic lignin-based polymers(lignophenols)and hydrolyzed carbohydrates. New human activities leading to the sustainable society were discussed.

収録刊行物

  • 高分子

    高分子 57(6), 426-429, 2008-06-01

    公益社団法人 高分子学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9549090
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ