インドの対中国産生糸アンチ・ダンピング関税の影響  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

繊維衣料協定(ATC)が2004年末で終了し、2005年より世界の繊維・衣料産業部門はWTO体制に完全に統合された。この過程において、途上国と先進国間の競争のみならず、先進国や高度成長を遂げて産業構造が変化しつつある国・地域の市場をめぐって、途上国間の競争が激化している。本稿は、シルク大国中国と世界第二のシルク生産国インドの競争の一端を明らかにすることを目的として、中国産生糸の大量輸入による繭・生糸の国内市場価格の暴落に対処し、国内蚕糸業を保護するためにインドが2003年に課したアンチ・ダンピング(AD)関税の影響を分析する。

Journal

  • Journal of Rural Problems

    Journal of Rural Problems 44(1), 282-288, 2008-06-25

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10021227416
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    9593638
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top