岡山県笠岡湾干拓地の持つレクレーション価値の経済評価 : 大空と大地のひまわりカーニバルを対象として  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

岡山県笠岡湾干拓地では、休耕地等の遊休資源の活用を目的として、「大空と大地のひまわりカーニバル」(以下、ひまわりカーニバル)を開催している。しかし、その経済的な価値が明確にされておらず、開催の意義が問われている。そこで、本研究では、ひまわりカーニバルの経済評価を、(1)トラベルコスト法、(2)来場者の主観的な評価、(3)会場内での飲食・物品の購入などの経済波及効果の3種類で行い、費用対効果を明らかにした。更に、入場料金を課した場合(現在、ひまわりカーニバルの入場料金は無料)の来場者数のシミュレーションを行った。この結果を用いて、開催費用の回収方策の検討を行った。

Journal

  • Journal of Rural Problems

    Journal of Rural Problems 44(1), 305-308, 2008-06-25

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics

References:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10021227434
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    9593658
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top