CRH負荷, ACTH負荷試験の診断的有用性 1. Diagnostic Usefulness of CRH and ACTH Loading Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

副腎機能低下症の原因には,原発性と続発性副腎機能低下症がある.続発性の原因には,視床下部性と下垂体性があり,原発性を含めた原因局在の決定のため負荷試験が有用である.一般的には,現在,corticotropin-releasing hormone(CRH)負荷試験とインスリン低血糖刺激試験(ITT)が行われることが多い.原発性副腎皮質機能低下症は,ACTH試験によって副腎皮質の予備能の低下を証明する必要がある.ストレス時の副腎皮質の予備能を評価しておくことは,副腎クリーゼ予防に重要である.それぞれの検査の意義を良く理解した上で,安全に行われるのが望ましい.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(4), 743-746, 2008-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9481643
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ