IgAの異常 3. Abnormarity in IgA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

IgA腎症の沈着IgAはIgA1優位だが,IgA1ヒンジ部は血清タンパクとして極めて例外的にO結合型糖鎖を持つ.本症患者血清及び沈着IgA1のこの糖鎖で,特にGal数の減少している事(糖鎖不全)が示唆された.また,動物実験で糸球体沈着性IgA1の糖鎖不全が示唆され,IgAの糸球体沈着に関与する可能性が想定された.本稿では最新の知見を中心にして,IgA糖鎖の面からIgA腎症の成因を論じる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(5), 962-970, 2008-05-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515642
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ