放射線療法と TS-1/low dose CDDP 同時併用療法が著効した肝癌骨転移の2例 TWO CASES OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA WITH BONE METASTASIS RESPONDING TO CONCURRENT TS-1/LOW-DOSE CISPLATIN (CDDP) THERAPY AND RADIOTHERAPY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

骨転移に対する放射線治療は高い除痛効果が期待でき, 第 1 選択の治療法といえる. しかし, 基本的には姑息的もしくは対症的治療であり, 除痛持続期間は数カ月との報告が多い. 今回われわれは肝細胞癌骨転移の症例に対して, TS-1 とCDDP少量併用にて放射線治療を行い, 大変良好な経過が得られた 2 例を経験した. 治療経過中の有害事象もほとんどみられず, 今後, 肝細胞癌の骨転移に対して放射線治療に加え, TS-1/low dose CDDP療法の併用療法が治療の選択肢となりうる可能性が示唆された.

Radiotherapy is effective in relieving pain caused by metastatic bone cancer. Because radiotherapy serves as a palliative measure, pain relief lasts no more than several months. We experienced two cases of hepatocellular carcinoma with bone metastasis that responded to concurrent TS-1/low dose cisplatin (CDDP) therapy and radiotherapy. Highly favorable effect was obtained with minimum adverse events in both cases. Therefore this therapy may be applicable for the treatment of hepatocellular carcinoma with bone metastasis.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 19(2), 117-122, 2007-06-25

    一般社団法人 日本放射線腫瘍学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ