黒毛和種の枝肉形質に対する母性効果の影響 Maternal Effects on Carcass Traits in Japanese Black Steers (Wagyu)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

黒毛和種の各種枝肉形質に対する母性遺伝効果と永続的母性環境効果を明らかにするため,1988年4月から1997年3月の間に全国の食肉市場に出荷された島根県産の去勢牛の枝肉記録11,944件を分析した.検討した枝肉形質は枝肉重量,ロース芯面積,バラの厚さ,皮下脂肪厚,推定歩留,脂肪交雑基準値である.遺伝率と育種価はアニマルモデルによる制限付最尤法により推定した.考慮した変量効果により3種の数学モデルを設定した.直接遺伝効果のみを考慮したモデルにおいては,各形質の遺伝率はバラの厚さの0.47から推定歩留の0.62と大きかった.直接遺伝効果に母性遺伝効果を加えたモデルでは,各形質に対する直接遺伝効果の遺伝率はロース芯面積を除き顕著な低下が認められた.その場合の枝肉重量に対する母性遺伝効果の遺伝率は0.17であったが,他の枝肉形質については小さかった.さらに永続的母性環境効果を加えたモデルにおいては,枝肉重量に対するその分散比は0.05であり,母性遺伝効果の遺伝率は0.12であった.

Records of 11, 944 steers born in Shimane prefecture and slaughtered between 1988 and 1997 were used to estimate the variance components of additive maternal genetic effects and maternal permanent environmental effects (PE) for carcass traits. Considered traits were carcass weight (CW), rib eye area, rib thickness, subcutaneous fat thickness, yield estimate and marbling score. Additive direct heritabilities were high (0.47-0.62) for the carcass traits under the model 1, just included the additive direct genetic effect as the random effects. Model 2 included additive maternal genetic effect additional to the model 1, and estimated maternal heritability for CW was 0.17, while ones for the other traits were 0.01-0.04. Under the model 3 including PE, maternal heritability for CW was 0.12 and the share of PE was 0.05. Correlation coefficients between direct breeding values from models 1 and 2 were high (0.862-0.995).

収録刊行物

  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 69(4), 365-369, 1998-04-25

    公益社団法人 日本畜産学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021726406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346907X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ