大量免疫グロブリン療法が奏効した抗リン脂質抗体関連血球貪食症候群の1例 Anti-phospholipid antibody-associated hemophagocytic syndrome successfully treated with intravenous immunoglobulin therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 美樹 SATOH Miki
    • 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学I First Department of General Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University
    • 森口 正人 MORIGUCHI Masato
    • 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学I First Department of General Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University
    • 高鳥 志乃 [他] TAKATORI Shino
    • 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学I First Department of General Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University
    • 樋口 敬和 HIGUCHI Takakazu
    • 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学I First Department of General Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University
    • 寺井 千尋 TERAI Chihiro
    • 自治医科大学附属さいたま医療センター総合医学I First Department of General Medicine, Saitama Medical Center, Jichi Medical University

抄録

症例は54歳,女性.抗リン脂質抗体陽性の血球貪食症候群に対して高用量ステロイドおよびシクロスポリン投与を行ったが効果不十分で大量免疫グロブリン療法が奏効した.自己免疫疾患関連の血球貪食症候群には,血球に対する自己抗体が発症に関与する例が存在し,これらの症例では必ずしも高フェリチン血症を伴わない.後者の機序による血球貪食症候群に対して大量免疫グロブリン療法が有効である可能性がある.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(8), 1885-1887, 2008-08-10

    一般社団法人 日本内科学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931061
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9622879
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ