広汎性発達障害を合併したアルコール依存症の3症例重複障害が回復促進因子とたることの検討 Three cases of alcoholism with co-occurring pervasive developmental disorder : Examination as recovery promotion factor of being dual-diagnosed

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4), 368-369, 2008-08-28

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ