ハンセン病動物モデルの歴史と高血圧ヌードラットの特徴 History for animal model of Hansen's disease and characteristic of leprosy in hypertensive nude rat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 與儀 ヤス子 YOGI Yasuko
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases
    • 鈴木 幸一 SUZUKI Koichi
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases

抄録

1873年のらい菌発見から長い年月に渡って多くの研究者がらい菌の動物移植実験に尽力してきたが、1960年の Shepard による foot-pad 法の開発後はめざましい成果が残された。T-Rマウス、無胸腺 (ヌード) マウスのらい菌動物移植への導入、また、アルマジロ、チンパンジーやマンガベイサルの自然発症例が報告され、ハンセン病が人畜共通伝染病であることがその後のわずか十数年で確認された。増菌されたらい菌は大量菌を必要とする分野への供給に役立ち、らい菌の動物移植研究の成果はハンセン病医学に大きく貢献した。われわれがらい菌増殖用の tool として開発したコンジェニック高血圧ヌードラット (SHR. F344-Foxn1<sup><i>rnu</i></sup>) はIL-10産生能が高く、らい菌に対する感受性能が優れていた。本ヌードラット (<i>rnu/rnu</i>) に接種されたらい菌は接種部および非接種部位に肉眼的らい性腫瘤を作りながら増殖、全身化していく独特のらい菌感染像を呈すことから、ヒトL型ハンセン病患者の実験モデル動物として有用であり、同腹仔有胸腺ラット (<i>rnu/+</i>) では、らい菌感染後24時間目頃から、らい菌特異的免疫機構の成立を示唆する像が観察され、6ヶ月後には、リンパ球に幾重にも取り囲まれて、らい菌が殺菌され排除される像が観察されたことから、らい菌の宿主からの防御機構を研究する動物モデルとしてヌードラットとともに有用である。

The long search of an animal model for leprosy were carried out as many researchers since the <i>Mycobacterium leprae</i> discovery by Dr. Hansen in 1874. The remarkable results were left after the development of the foot-pad method by Dr. Shepard in 1960. The introduction of the T-R mouse and athymic (nude) mouse for leprosy research, alsospontaneity examples of Hansen's disease was reported to armadillo, chimpanzee and mangabay monkey, and it was confirmed that Hansen's disease was the zoonosis. Although, We have established a congenic hypertensive nude rat, SHR/NCrj-<i>rnu</i> (SHR.F344-Foxn1<sup><i>rnu</i></sup>), carrying nude (<i>rnu</i>) and hypertension genes. SHR/NCrj-<i>rnu</i> rats obtained showed high susceptibility to M. leprae and showed a characteristic disease with a progressive pattern of leproma formation. Also this hypertensive nude rat strain produce high level of IL-10. Therefore, congenic hypertensive nude rat may be useful for an animal model to leprosy.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 77(3), 197-204, 2008-09-01

    日本ハンセン病学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021952354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ