過蓋咬合を伴う骨格性上顎前突症例 : 固定源として口蓋に顎間固定用ミニスクリューを応用した1治験例 Orthodontic Treatment of Skeletal Class II with Deep Overbite Using Midpalatal Miniscrew Implant

この論文をさがす

著者

    • 中筋 幾子 NAKASUJI IKUKO
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 宮澤 健 MIYAZAWA KEN
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 後藤 滋巳 GOTO SHIGEMI
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University

収録刊行物

  • 愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science

    愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science 46(2), 187-193, 2008-06-30

    愛知学院大学歯学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021964358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00006467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00446912
  • NDL 記事登録ID
    9616932
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-30
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ