培養歯根膜細胞中における各種間葉系前駆細胞の存在確認 Confirmation of Existence of Three Types of Mesenchymal Progenitor Cells in Cultured Human Periodontal Ligament Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 培養歯根膜細胞やそこから分取した組織幹細胞の歯周組織再生への応用は, より確実な歯周組織再生療法を確立するための一つの戦略であると考えられている.しかし, この細胞集団はヘテロであり, 現時点では種々の問葉系細胞の前駆細胞や問葉系幹細胞がどの程度存在するかを直接的に知ることはできない.そこで本研究では, このような細胞療法を確実なものにするための第一段階として, 培養ヒト歯根膜細胞 (HPL cells) の骨, 脂肪, 軟骨への分化能を, コントロールとして使用したヒト骨髄問葉系幹細胞との比較において定性的に評価した.その結果, HPL cells中には骨芽細胞様細胞が豊富に存在しており, また脂肪細胞前駆細胞も存在するもののその数は著しく少ないこと, 一方, 軟骨細胞前駆細胞の存在の可能性は著しく低いことが明らかになった.さらに, 脂肪細胞前駆細胞はHPL cellsから分取したalkaline phosphatase陽性細胞率の低い細胞集団に多く存在していた.

The transplantation of ex vivo-expanded human periodontal ligament (HPL) cells or mesenchymal stem cell (MSC) -rich population isolated from the HPL cells with scaffolds into periodontal defects appears to be a powerful strategy to promote periodontal regeneration. However, up to date, there have been few direct evidences that each precursor of various mesenchymal cell types and MSC exist in the heterogeneous HPL cell cultures. In this study, we qualitatively estimated a potential to differentiate into three types of mesenchymal cells in the HPL cells, as compared with that in human bone marrow-derived MSC (HMSC), which were used as a control. As results, the HPL cells contained many osteoblast lineage cells and small number of adipocyte precursors, while chondrocyte precursors might exist at slight levels or not in the cells. Further, alkaline phosphatase (ALP) negative cell-rich (ALP<SUP>Low</SUP>) fraction isolated from the HPL cells contained relatively more adipocyte precursors.

収録刊行物

  • 昭和歯学会雑誌

    昭和歯学会雑誌 27(3), 165-172, 2007-09-30

    昭和大学・昭和歯学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ