量子ビームが切り拓く未来(III) : 中性子利用研究の新展開  [in Japanese] Quantum Beams Open up the Future (III)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 平成13年度から建設に着手したJ-PARC施設が平成20年度末の完成を目指して,ビーム試験が行われている。J-PARCの実験施設群の中でも,特に世界最高性能のパルス中性子源は中性子利用研究の新時代を拓くものである。本解説では,J-PARCの概要と平成20年12月に供用を開始するパルス中性子源およびそこに整備されつつある中性子実験装置について紹介する。また,量子ビームテクノロジーの一つの柱である中性子利用について,稼動中のJRR-3原子炉での利用を含め,J-PARC利用開始で幅広い展開が予想される生命科学研究,物質科学研究,産業利用への貢献など,最新の中性子利用研究の成果と今後の展望を述べる。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan 51(1), 14-19, 2009-01-01

    Atomic Energy Society of Japan

References:  5

  • <no title>

    日本原子力学会誌 37(3), 159, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    共同推進チーム

    大強度陽子加速器計画, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    原子力 eye 54, 5-11, 2008

    Cited by (1)

  • <no title>

    FUKAZAWA H.

    Astrophys. J. Lett. 652, L57, 2006

    Cited by (1)

  • <no title>

    OGO S.

    Science 316, 585, 2007

    Cited by (1)

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10024656573
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18822606
  • NDL Article ID
    9774277
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top