集落営農組織設立を目的とする支援方策の在り方  [in Japanese] Effective Support Policy to Establish an Organization for Community-Based Group Farming  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、高齢化や後継者不足等によって農業就業人口が減少しており、農業生産基盤が弱体化している。そのような中で、地域農業の新たな担い手として集落営農が注目されている。しかし、平成19年の集落営農組織化率(農業集落数に対する集落営農組織数)は、全国平均9.0%、岡山県4.1%と低い水準にある。地域農業の維持には、集落営農組織化促進に向けた対策が必要である。これまでの集落営農に関する研究は、集落営農組織の実態を分析したものや再編問題を扱ったものが中心である。例えば、高橋等は、品目横断的経営安定対策下における集落営農の再編問題に関する研究を行っている。いずれの研究においても、設立後の集落営農組織を対象としており、集落営農組織の設立段階を分析したものは見られない。本研究では集落営農組織の設立段階を対象として分析を行う。組織設立までには複数のステップが存在している。各ステップを順番にクリアしなければ、組織設立は不可能である。本研究では、集落営農組織設立時に中心的な役割を果たした役員を対象として、各ステップにおける(1)主観的な「困難度」、(2)行政が実施した様々な「支援の貢献度」を定量的に計測した。また、支援を実施した行政側の担当者を対象として、(3)各支援をどの程度重点的に実施したかという「支援のウエイト」を計測した。その後、(2)「支援の貢献度」と(3)「支援のウエイト」を比較することで支援内容の改善点を明らかにし、集落営農組織設立を目的とするより効率的な支援方策を考察した。

It is reasonable to assume that community-based group farming is the new direction for regional agriculture. However, the percentage of organizations for community-based group farming is very small (the whole of Japan: 9.0%, Okayama Pref.: 4.1%). In order to sustain regional agriculture, it is necessary to support the establishment of community-based group farming. In this study, we divided the formation process of community-based group farming into four steps and measured the following factors: (1) the “degree of difficulty” in establishing an organization of community-based group farming, (2) the “degree of contribution,” which is the support received from the administrative system, and (3) the “weight” of the support given by the administrative system. We then compared the degree of contribution with the weight. We made clear that refinement of support. Furthermore, we considered an effective policy for the formation process of community-based group farming.<br>

Journal

  • Journal of Rural Problems

    Journal of Rural Problems 45(1), 64-68, 2009-06-25

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics

References:  5

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10024771360
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    10386555
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top