先天性巨大血小板症の診断  [in Japanese] 1. Diagnosis of Giant Platelet Disorders  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

先天性巨大血小板症は先天的に巨大血小板と血小板減少症を呈する疾患群の総称である.従来,本疾患群は極めてまれであると考えられていたが,日常診療で十分遭遇する頻度で存在し,慢性あるいは難治性の特発性血小板減少性紫斑病と診断され不必要な治療を受ける症例が少なくないことが判っている.Bernard-Soulier症候群とMay-Hegglin異常に代表される<i>MYH9</i>異常症が最も頻度が高い.先天性巨大血小板症のおよそ半数の症例で,遺伝子レベルでの確定診断が可能となった.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 98(7), 1593-1598, 2009-07-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10025192926
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    10380766
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top