夏季の有明海筑後川の高濁度汽水域における粒状有機物の動態-河川流量の変動にともなう変化  [in Japanese] Dynamics of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum of the Chikugo River estuary, Ariake Sea, in summer : Influence of the fluctuation of freshwater discharge  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 鈴木 啓太 SUZUKI Keita W.
    • 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻海洋生物増殖学分野 Laboratory of Marine Stock-enhancement Biology, Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
    • 杉本 亮 SUGIMOTO Ryo
    • 福井県立大学海洋生物資源臨海研究センター Research Center for Marine Bioresources, Fukui Prefectural University
    • 笠井 亮秀 [他] KASAI Akihide
    • 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻海洋生物環境学分野 Laboratory of Fisheries and Environmental Oceanography, Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
    • 中山 耕至 NAKAYAMA Kouji
    • 京都大学フィールド科学教育研究センター里域生態系部門河口域生態学分野 Laboratory of Estuarine Ecology, Field Science Education and Research Center, Kyoto University
    • 田中 克 TANAKA Masaru
    • 京都大学フィールド科学教育研究センター里域生態系部門河口域生態学分野 Laboratory of Estuarine Ecology, Field Science Education and Research Center, Kyoto University

Abstract

有明海(面積約1700km2)は九州西岸に位置し、伊勢湾や大阪湾と同規模の内湾であるが、日本最大の潮汐(最大潮差約6m)にともなう広大な干潟と高濁度な汽水域は日本では他に例を見ない。主に湾奥部に発達するこのような環境を基盤とし、これまで高い漁業生産が実現されるとともに、多くの特産種(日本では有明海だけに生息する生物)の生息が維持されてきた。しかし近年は、赤潮の発生やノリの色落ち、二枚貝の漁獲量減少などの環境異変が顕在化しつつある。したがって、健全な有明海の再生に向けて、有明海奥部の生態系に対する理解を深めることは緊急の課題である。本研究は、筑後川河口域において、河川流量の変動にともなう粒状有機物の分布と性質の短期的な変化を明らかにすることを目的とし、夏季の2カ月間に13回の観測を行った。夏季の筑後川河口域においては、ムツゴロウやエツ、アリアケヒメシラウオなどの有明海特産魚を含む多くの稚魚が成育する。したがって、この時期の粒状有機物は、動物プランクトンを介し魚類生産を支える基礎生産として特に重要であると考えられる。しかし、一般に、河口域においては、植物プランクトンや底生微細藻類、陸上植物などのさまざまな生産者に由来する粒状有機物が、空間的および時間的に複雑に混合している場合が多く、主要な生産者を特定するのは難しい。そこで、本研究は先行研究にならい、炭素安定同位体比を光合成色素濃度および炭素と窒素の比と組み合わせて、粒状有機物の起源となる主要な生産者を推定した。

Journal

  • Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 73(3), 149-160, 2009-08-28

    水産海洋学会

References:  38

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10025530659
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10063434
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03889149
  • NDL Article ID
    10427895
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-999
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top