犬の下痢症に対するベルベリン配合止瀉剤ならびに生菌配合整腸剤の治療効果  [in Japanese] Efficacy of veterinary antidiarrheal agent and antinflatulent against diarrhea of dogs  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

犬の急性下痢症に対して、ベルベリン配合動物用整腸消化剤(BB剤)および生菌配合動物用止瀉剤(DB剤)を単剤投与あるいは併用投与し、対照である人用止瀉剤(Ph剤)およびプラセボ剤(P剤)とその治療効果を比較した。試験に供した犬126頭を、BB群、DB群、BB+DB群、Ph群およびP群の5群に分け、各製剤を投与した。その結果、BB剤およびDB剤の単独投与は、下痢に対する治療効果を有することが明らかになった。また、BB剤およびDB剤を併用により治癒までの日数が短縮し、その治療効果も増強することが明らかになった。

Journal

  • Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(10), 789-795, 2009-10-20

    日本獸医師会

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10025576151
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00191857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL Article ID
    10464346
  • NDL Source Classification
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z18-352
  • Data Source
    CJP  NDL  IR 
Page Top