都市化の影響を考慮した近年の日本における気温変化傾向とその地域的・季節的な特性ついて On the regional and seasonal characteristics of recent surface air temperature changes in Japan with considering urban climate effects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本における1898〜2007年の年平均気温の長期変化傾向は、100年あたり約1.1℃の上昇となっている。これは世界平均の100年あたり0.67℃の上昇を大きく上回っており、いわゆる地球温暖化が日本では既に顕在化し、その影響評価と適応・対策が急務とされる根拠となっている。そこで本研究では、日本の主に農耕地における気温変化の実態を明らかにするため、都市部と郊外・農村部に位置する気象観測点における気温変化傾向の比較・相違から、現在用いられてる観測気温データに含まれる都市影響を評価した上で、農耕地における近年の気象環境変動の地域・季節別の特徴を明らかにし、耕地気象環境の変動におよぼす温暖化影響の実態を見ることを目的とする。

To estimate the regional and seasonal characteristics of the secular change in surface air temperature (SAT) over the agricultural land of Japan, we firstly analyzed the urban climate effect involving 17 general meteorological observatories selected by the Japan Meteorological Agency, and secondly, newly defined 19 stations mainly located in rural areas of Japan as representative of Japanese agro-land (Rural-19). As following analyses for regional and seasonal changes of the SAT trends, SAT was found to increase remarkably in February throughout Japan and in July over East Japan, although slightly decreasing in August and December over North Japan. The averaged trend in terms of temperature increase in the Rural-19 for each month during the period 1980-2004 was estimated to be within the range 0.3-1.4°C of the daily minimum and 0.5-2.4°C of the daily maximum SATs, respectively. The trend of the maximum SAT shows remarkable regional and seasonal variations compared with that of the minimum SAT.

収録刊行物

  • 農業気象

    農業気象 65(2), 221-227, 2009-06-10

    養賢堂

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10025614406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200732
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00218588
  • NDL 記事登録ID
    10367184
  • NDL 請求記号
    Z18-388
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ