下腿に原発したNK/T細胞リンパ腫, 鼻型の1例 A case of NK/T-cell lymphoma, nasal type with primary lower limb

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

67歳,女性。初診の1ヵ月半前から右下腿に紅色結節を自覚,徐々に増大した。病理組織学的に真皮,皮下脂肪織内に密な中型の異型性を有するリンパ球様細胞の浸潤があり,表皮向性は認められなかった。これの細胞はcCD3(+),CD56(+),CD4(-),CD8(-),CD30(-),TIA-1(+)の形質を示した。EBERは陽性,腫瘍細胞のSouthern blottingでTCR<i>β</i>鎖の再構成が認められ,EB virusのクロナリティも確認された。WHO-EORTC分類T-cell lineage のNK/T細胞リンパ腫,鼻型と診断し,治療はRT-DeVICを行った。本症例はNK細胞様の腫瘍細胞からなり,EB virusに関連したcytotoxic T-cell phenotypeを持つ下腿皮膚原発のlymphomaとして貴重な症例と考えられた。

The patient was a 68-year-old woman. She noticed a cutaneous nodule on her lower limb. The diagnosis of an NK-like T-cell lymphoma with cytotoxic T-cell phenotype was made. Lymphoid tumor cells were positive for UCHL-1, cCD3, TIA-1, CD56 and negative for CD4, CD8, CD30, CD79a. TCR gene analysis using Southern blotting disclosed that these cells were derived from TCR c<i>β</i>1 T-cells. Radiation followed by DeVIC chemotherapy (×3) was performed.[<i>Skin Cancer (Japan)</i> 2009 ; 24 : 16-20]

収録刊行物

  • Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌

    Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 24(1), 16-20, 2009-05-20

    The Japanese Skin Cancer Society

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10025618962
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10087647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09153535
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ