コンパクトシティ施策が都市構造・交通環境負荷に及ぼす影響に関するシミュレーション分析  [in Japanese] A Numeral Simulation Analysis on the Effect of the Policies for Compact City on the Urban Structure and Transportation Environmental Load  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、自動車の普及に伴う市街地の郊外化により、様々な都市問題が顕在化し、その対策として、都市機能の集約による都市の効率化、いわゆるコンパクトシティの実現に向けた施策が多くの自治体で検討されている。しかしその一方で、それを実現するためのコンパクトシティ施策の効果・影響については十分な分析や検証が行われているとはいえないのが現状である。そこで、本研究ではコンパクトシティ施策の効果を定量的に明らかにすることを目的として、地方都市を対象とした都市構造モデルを構築し、福井市を対象とした数値シミュレーションにより、コンパクトシティ施策を単独、あるいはパッケージとして実施した場合に、都市構造や交通環境負荷に及ぼす影響を明らかにした。また、郊外への大型店舗立地が無い場合・有る場合について施策の効果を計測し、施策実施前の都市構造により、施策の効果に大きな差が見られることを示した。さらに、施策パッケージの実施による鉄道事業者の収益改善効果を計測し、コンパクトシティ施策の実施は、コンパクトな都市構造をもたらすだけでなく、公共交通事業者の収益改善をももたらす可能性があることを示した。

In recent years, various urban problems have appeared due to the development of motorization, and as a measure of them the idea of compact city is discussed. However, the policies for compact city have not enough analyzed or inspected, so few of them have moved to practice. So in this study, we aim to evaluate some compact city policies and examine the most effective package of them. First, we construct the urban structure model considering characteristics of transportation: frequency of trains, traffic congestion and so on, and then apply the model to Fukui City and analyze the effect of the policies by numeral simulation.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(3), 739-744, 2009-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  8

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10025845137
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09131280
  • NDL Article ID
    10406154
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top