CafeOBJ入門(6) : 通信プロトコルの検証 Introducing CafeOBJ (6) : Verification of a Communication Protocol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 緒方 和博 OGATA Kazuhiro
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology (JAIST)
    • 二木 厚吉 FUTATSUGI Kokichi
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology (JAIST)

抄録

代数仕様言語CafeOBJによる通信プロトコルの検証の例を示す.SCP通信プロトコルは,ABP通信プロトコルの簡略版で,送受信者間の通信路として信頼できないセルを用いる.受信者がN個のパケットを受け取ったとき,それらは送信者が送った最初のN個のパケットで,順番を保存している,という性質を通信信頼性という.SCP通信プロトコルが通信信頼性を満たすことの証明譜による検証を解説する.

An example of verification of communication protocols with CafeOBJ algebraic specification language is shown. The SCP communication protocol is a simplified version of the ABP communication protocol, which uses unreliable cells as communication channels between senders and receivers. The reliable communication property is as follows: when a receiver receives N packets, they are the first N packets that a sender has sent and the order in which the N packets has been sent is preserved. Described is the verification with proof score that the SCP communication protocol satisfies the reliable communication property.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア

    コンピュータソフトウェア 26(2), 93-106, 2009-04-24

    Japan Society for Software Science and Technology = 日本ソフトウェア科学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10025982447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02896540
  • NDL 記事登録ID
    10290073
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1033
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ