集落営農組織の情報ネットワーク構造と組織管理  [in Japanese] Information Network Structure in the Communal Farming for Organization Management  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

多くの地域で高齢化を伴った農業労働力の減少が進む今日、集落営農組織は地域農業の担い手のー形態として、生産現場だけでなく政策的にも確固たる位置づけがなされるようになった。このような位置づけの下で積極的に集落営農組織の形成を推進する地方行政も急速に増加しており、集落営農組織の数も着実に増加している。多くの集落営農組織は、零細な個別経営が単独では困難な大規模・高性能の機械・施設の導入による省力化と規模拡大による生産費の低減を目的とする。これらの取り組みは、個別経営の営農を補完・代替するとともに用水路やため池などの地域資源を保全することにより、地域農業の維持を図ることである。さらに近年では、事業を多角的に展開することにより収益性を向上し、地域住民に所得獲得の機会を提供している事例も見受けられる。しかし、集落営農組織が必要であると考えられているにも関わらず、その取り組みが進まない地域は多く、また、組織の形成後に機能不全に陥っている事例も見受けられる。本稿では、集落営農組織にある、非公式組織としての組織員間の情報ネットワークに注目し、次の二つの課題を設ける。第一に、事例とする集落営農組織の分析を通して、その組織員間で形成されている情報ネットワークの構造と特性を明らかにする。その上で、第二に、情報ネットワークの構造特性を組み込んだ集落営農組織の組織管理のあり方を検討する。これらの課題は、本稿の分析枠組みが集落営農組織の組織管理問題に関する有効な接近方法たり得るかの実証を試みるものである。なお、2つの課題に接近する方法については、近年発展が著しいネットワーク論を用いることで、集落営農組織内に形成されているネットワークの構造的な特徴を定量的に特定することを試みる。集落営農組織における非公式組織の人間関係を情報ネットワークとして定量的に検証した研究はほとんど見られない。しかし、人と人のつながり方に着目しモデル化を行なう本論文は、新たな知見を導き出しうるものと考えられる。

Journal

  • Journal of rural problems

    Journal of rural problems 45(3), 297-304, 2009-12-25

    富民協会

References:  13

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026064657
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    10561583
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top