血小板製剤  [in Japanese] Platelet concentrates  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 半田 誠 HANDA Makoto
    • 慶応義塾大学輸血・細胞療法部 Department of Transfusion Medicine & Cell Therapy, School of Medicine, Keio University

Abstract

Points<br>(1) 血小板輸血の目的は,血小板の量的,質的低下に基づいた出血の予防(予防的投与)や治療(治療的投与)である.<br>(2) 輸血に用いる血小板濃厚液は,厳密な保存条件で,使用期限はわずかに4日間である.<br>(3) 輸血の適応は,1)血小板数のみではなく,2)出血症状(出血スコア)や3)成因や合併症,侵襲的処置の有無等の出血リスクを勘案して,総合的に判断する.<br>(4) 白血病等の造血器疾患や化学療法に伴う造血障害での予防的投与(内科的予防投与)の血小板基準値(トリガー値)は1~2 万/μl である.<br>(5) 外科手術時の過剰出血の予防(外科的予防投与)や活動性の出血の治療(治療的投与)では,血小板数5 万/μl 以上を目標に輸血する.<br>(6) 標準は10 単位製剤で,輸血で3~5 万/μl 血小板数の増加が期待され,基準値を維持するには造血停止状態では週2~3 回の輸血が必要である.<br>(7) 輸血翌日の血小板数を測定して,効果判定を習慣づけ,輸血不応があった場合は,その原因を検討して,対応する.

Journal

  • Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 20(5), 495-497, 2009-10-01

    The Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis

References:  2

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026118031
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10353762
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09157441
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top