上室不整脈に対するATPとCa拮抗薬の使い方  [in Japanese] How to use ATP and Ca-antagonist to supraventricular arrhythmias  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ATP(アデノシン三リン酸)は多くの不整脈の診断と治療に用いられる.そのなかで,上室不整脈に対するATPの使い方としては,上室頻拍の停止,上室頻拍の鑑別診断,wide QRS頻拍の鑑別診断,上室頻拍に対するカテーテルアブレーションの評価,WPW症候群に対するカテーテルアブレーション後の副伝導路再発の予知,心房細動に対するカテーテルアブレーションの評価,などがあげられる.まず,ATPのヒトにおける上室の刺激伝導系への作用を概説し,次にATPの基本的な使い方を,さらには,臨床的な診断治療における有用性につき述べ,その他今まであまり使われていない使用方法にも触れる.Ca拮抗薬はすでに20年以上前から不整脈治療に用いられてきたが,本章では静注薬に的を絞り,ATP,ベラパミル,ジルチアゼムの使い分けについて解説する.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 30(1), 20-36, 2010-03-10

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026410724
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top