音楽評論論文にみる作曲家の感性的特徴 : 計量分析を用いた感性語の抽出 The Sensibility Characteristics of Composers Observed within Music Criticisms : Extracting Sensibility Words Using Quantitative Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河瀬 彰宏 KAWASE Akihiro
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Department of Value and Decision Science, Tokyo Institute of Technology
    • 村井 源 MURAI Hajime
    • 東京工業大学大学院社会理工学研究科 Department of Value and Decision Science, Tokyo Institute of Technology

抄録

本研究では,音楽評論家によって語られる作曲家の概念的特徴とそれらの関係を明らかにするために,作曲家に対する感性的表現を計量的に分析した.データは音楽評論雑誌『ポリフォーン‐音楽評論の開かれた場』のテキスト全13冊を対象とし,最も多く語られる7名の作曲家(出現回数が多い順に,モーツァルト,ベートーヴェン,ワーグナー,マーラー,J.S.バッハ,ドビュッシー,シェーンベルク)を形容する感性的表現,語彙レベルで用いられる頻出感性語とその用法の特徴を解析することで,作曲家概念の感性的要素を精緻に特徴づけた.

In order to highlight conceptual features and to examine the relations to composers (musicians) evaluated by music critics, we focus on sensibility words and word phrases that describe composers and analyze them using a quantitative approach. We analyze the complete thirteen-volume set of "POLYPHONE", which is a highly respected journal of musical criticism within Japan. Each article was categorized according to seven groups based on seven most frequently occurring composers within all the articles; namely, Mozart, Beethoven, Wagner, Mahler, J.S.Bach, Debussy, and Schonberg, in descending order of frequency. We characterize the elements of sensibility linked to each composer concept by analyzing sensibility expressions, frequent sensibility words employed at the vocabulary level, and the usage features characteristic of each composer.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 20(2), 129-134, 2010-05-15

    情報知識学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026468449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    10733084
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ