農業経営支援のための助成金の制度と機能に関する考察 : 固定資産調達に対する助成金の非効率を視点として A Study on the Negative Effect of Subsidies on Farm Businesses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究が立脚する基本的な問題認識は、個別農業経営や種々の事業体(以下では、これらをまとめて便宜的に「農業経営」とよぶ)を支援するための助成金制度に関わる二つの非効率化である。すなわち、第一に、一定の条件をクリアした受益者に対して一律的に助成金を交付するという条件型助成金の、行政機関の農業関連予算が減少する中での非効率化である。受益者当たりの助成金額が縮小すれば、制度の効果が急速に低下することは自明である。第二に、農業経営を取り巻く環境の変化の速度が増す中での施設・機械の導入資金の一部を助成するというハード導入に対する助成金(以下、「初期投資助成型」という)の非効率化である。初期投資助成型は、助成対象である施設・機械の稼働率の維持が求められることから、環境変化への対応速度を鈍くする側面を有している。以上の助成金制度の二つの非効率化に関して、前者に関しては助成金制度の競争化の視点から、後者に関しては変動費に対する助成へのシフトとその活用方法の視点から、それぞれ接近することが有効と考える。前者の非効率化に関しては別稿とし、本研究では後者の初期投資助成型に関わる非効率に焦点を当て、農業経営が新たな事業に取り組む場合の支援のあり方に関して、米国における事例から検証する。

This study aims to present the negative effects of subsidies that support farm businesses under a rapidly changing farm environment. First, subsidies are categorized into three types depending on their purpose: subsidies supporting preparation cost, those supporting initial investment, and those supporting variable cost. Second, a case study of small family farm in the US is adopted to discuss this issue. The conclusions of this paper are as follows. First, subsidies that are used for various purposes can be effective, depending on the ability of the beneficiaries to promote their new operations. Second, subsidies that are used to support initial investment as that on machines or facilities may have a negative effect on the farmer’s ability to adapt to a change in the environment. Finally, subsidies supporting variable cost are expected to work effectively.

収録刊行物

  • 農林業問題研究

    農林業問題研究 46(1), 51-56, 2010-06-25

    富民協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026501599
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00202829
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03888525
  • NDL 記事登録ID
    10804437
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-410
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE  JASI 
ページトップへ