熊本県, 天草上島の古第三系砂岩に分布するタフォニの形状 Morphological Features of Tafoni on Paleogene Sandstone Cliff in Amakusa Kami-Island, Kumamoto Prefecture, Kyushu, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

熊本県・天草上島に分布するタフォニを調査し, 形態的特徴等について検討した. 当地域には多数のタフォニが古第三系砂岩の急崖に形成されており, それらの確認範囲は海岸域だけでなく, 山地域にも及ぶ. 一部のタフォニでは, 天井から剥離・落下した砂粒子が底部に堆積しており, タフォニの一部は岩石表面の継続的な剥離によって現在も成長中であることを示している. また, 剥離の進行する天井部では概して岩石の強度が低く, かつ含水状態が高い地点が認められ, 天井部での岩石の風化が著しいことを意味している. 当地域のタフォニの形成に関しては, 岩石表面での塩類風化とそれに伴う強度低下が大きく関与したことが推定される.

 Morpholological features of tafoni have been studied, which are well developed on sandstone cliff in the Amakusa Kami-Island, Kumamoto, Kyushu, Japan. Numerous tafoni were observed on rock surface of sandstone not only in coastal zone, but also inland mountainous zone. Rock meal fallen from concave roofs of tafoni indicates that tafoni have grown continuously. Lowest value in rock hardness on the concave roof surfaces support that tafoni has been formed with high decreasing rate of rock strength. This means that the growth of tafoni may also be closely related to salt weathering.

収録刊行物

  • 応用地質

    応用地質 51(3), 122-129, 2010-08-10

    一般社団法人 日本応用地質学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026569746
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00026635
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02867737
  • NDL 記事登録ID
    10807615
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-263
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ