卵巣機能調節機構における腫瘍壊死因子の生理的役割 Possible Actions of Tumor Necrosis Factor-α in Ovarian Function

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 作本 亮介 SAKUMOTO Ryosuke
    • 独立行政法人 農業生物資源研究所・生体機能研究グループ Department of Physiology and Genetic Regulation, National Institute of Agrobiological Sciences
    • 奥田 潔 OKUDA Kiyoshi
    • 岡山大学大学院・自然科学研究科 Laboratory of Reproductive Endocrinology, Faculty of Agriculture, Okayama University

Abstract

腫瘍壊死因子(NFα)はマクロファージ等の炎症系細胞から分泌されるサイトカインの1つとして知られ、生体防御機構といった種々の生理機能調節に関与すると考えられている。近年、NFαが多くの種において卵巣の機能調節に関与する可能性について報告されている。卵胞ならびに黄体にNFαとその受容体の存在すること、さらにNFαが卵胞を構成する細胞(顆粒層細胞あるいは卵胞膜内膜細胞)のみならず、黄体を構成する細胞(小型黄体細胞、大型黄体細胞さらには血管内皮細胞)の内分泌機能にも影響を与えることが報告されている。本論文では、発情周期ならびに妊娠期を通じての卵巣機能調節機構におけるNFαの生理的役割についてウシを中心に考察する。

Journal

  • The Journal of reproduction and development

    The Journal of reproduction and development 50(1), 39-46, 2004-02-01

    Japanese Society of Animal Reproduction

References:  73

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026620853
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA10936678
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09168818
  • Data Source
    CJP  JASI 
Page Top