インドにおける有機農産物直売所の農民への経済効果 : アウランガーバードでのアンケート調査結果から Farmers' Participation in Weekly Organic Bazaars in Aurangabad, India

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

インドで有機農業を発展させるためには,有機農産物を有利に販売するための流通経路の形成が必要である.アウランガーバードにある総合農村開発施設(IIRD)は,NGOとして無償に近い有機農産物認証制度と有機農産物の農産物直売所(オーガニック・バザー)を小規模な農家に提供している.本稿では,オーガニック・バザーで有機野菜を販売している農家を対象にアンケート調査を行い,オーガニック・バザーが農家に与える影響を検討した.調査結果から,(1)小規模農家を中心に有機野菜の生産が行われており,(2)オーガニック・バザーで野菜やスパイスを直売することによって小規模農家の所得は増加しており,(3)有機野菜の生産を増加させる農家が存在していることが確認された.<br>

Journal

  • Journal of Rural Problems

    Journal of Rural Problems 46(2), 301-307, 2010-09-25

    The Association for Regional Agricultural and Forestry Economics

References:  8

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026701551
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00202829
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    03888525
  • NDL Article ID
    10901156
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL Call No.
    Z18-410
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top