料理とワインのマリアージュの科学 : 「相性が悪い場合には何が起こっているのか」という逆説的アプローチ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 48(10), 668-670, 2010-10-01

    公益社団法人 日本農芸化学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    LEE J. C.

    Asian Palate 4, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    FUJITA A.

    J. Agric. Food Chem. 58, 4414, 2010

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAMURA T.

    J. Agric. Food Chem. 58, 8550, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    KECELI T.

    J. Food Sci. 67, 943, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    東原和成

    化学と生物 45, 564, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    小竹佐知子

    化学と生物 47, 624, 2009

    被引用文献1件

  • <no title>

    BERENICE-GALAN B.

    Am. J. Enol. Vitic. 57, 12, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    田村隆幸

    醸協 105, 139, 2010

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026712802
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    10858245
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ