ミトコンドリア輸送阻害剤耐性株取得によるピルビン酸低減清酒酵母の育種  [in Japanese] Breeding of a Low Pyruvate-Producing Sake Yeast by Isolation of a Mutant Resistant to an Inhibitor of Mitochondrial Transport  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

醸造酵母においてはアルコール発酵作用に主眼がおかれてきたため,その研究に比べ好気的な増殖に関する研究はこれまで少なかった。特にミトコンドリアについては,その解析の困難さもあって,ほとんど研究がなされてこなかった。しかし,最近になって著者らの研究により清酒酵母において醪の時期の後半までミトコンドリアの存在が確認され,醸造酵母の新たな育種のターゲットとして浮上しつつある。ここでは,ピルビン酸のミトコンドリアへの輸送に着目し,その低減酵母の育種について著者らの研究を中心に解説していただいた。これを機に醸造酵母におけるミトコンドリア研究の今後の発展が期待される。

Journal

  • JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN

    JOURNAL OF THE BREWING SOCIETY OF JAPAN 105(9), 560-567, 2010-09-15

    Brewing Society of Japan

References:  26

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026721905
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10034389
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09147314
  • NDL Article ID
    10838365
  • NDL Source Classification
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL Call No.
    Z17-416
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top