特集「クマ類の特定鳥獣保護管理計画の実施状況と課題」にあたって A preface for the feature "Implementation and prospects of the Specified Wildlife Conservation and Management Plans (SWCPM) for bear populations in Japan"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本におけるクマ類の調査研究や特定鳥獣保護管理計画の発展に寄与することを目指して,この特集を企画した.本特集は,日本哺乳類学会2007年度大会で開催されたクマに関する3つの自由集会の成果をまとめたものであり,特定鳥獣保護管理計画の実施状況や,新たな手法として注目されるヘア・トラップ法によるクマ類の密度推定の問題点などを概観する11編の報告と,2編のコメントから構成される.<br>

We planned this feature hoping to contribute to the progress of the SWCPM for bear populations and related research in Japan. This feature is a proceedings of three bear research-related workshops held at the Annual Meeting of the Mammalogical Society of Japan in 2007. It contains 11 articles on the SWCPM implementation and other issues for bear populations in Japan, also including density estimation using hair-snare techniques, which is hoped to be an effective method for population monitoring, and two articles of critical commentary.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 48(1), 39-41, 2008-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026778217
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    9574666
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ