北海道渡島半島におけるヒグマ保護管理計画とモニタリング Brown bear management plan and monitoring programs on the Oshima Peninsula, Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 釣賀 一二三 TSURUGA Hifumi
    • 北海道環境科学研究センター自然環境部道南地区野生生物室 Southern Hokkaido Field Research Station, Wildlife Department Hokkaido Institute of Environmental Sciences
    • 間野 勉 MANO Tsutomu
    • 北海道環境科学研究センター自然環境部 Wildlife Department, Hokkaido Institute of Environmental Sciences

抄録

北海道渡島半島地域を対象に策定された任意計画に,モニタリングとして位置づけられた項目の取り組み内容に関して概観し,今後の課題について本稿で報告する.北海道では2001年に策定された「渡島半島地域ヒグマ保護管理計画」に関わる生息動向,および被害状況に関わるモニタリングを実施している.生息動向については,全道を対象とした鳥獣関係統計,捕獲個体の生物学的分析,アンケートによる分布調査および広域痕跡調査の一環として渡島半島地域の調査を実施しており,これまで継続してきた調査によって一定の成果をあげている反面,個体数の動向を示す指標として期待される広域痕跡調査が,国有林の協力を得られないなどの理由から今後の見通しが立たないといった重要な課題を抱えている.渡島半島地域のみを対象とした電波追跡調査やヘア・トラップ調査では,個体数推定に向けた試みが続けられており,大雑把な個体数の推定や調査対象とした狭い地域における個体数推定手法の確立に向けた検討が行われているものの,予算や人員の不足が精度の向上と広域への展開を妨げている状況である.一方,被害状況に関するモニタリングとしては,被害や出没の発生状況を把握し,指標化することによって保護管理計画へのフィードバックを行うための新しい試みとして,問題グマの段階分け,各段階の問題グマ数の推定といった試みを行っている.これらは今後も継続することによって,保護管理計画の進捗状況を評価する重要な指標になり得ると考えられ,生息動向のモニタリングと併せて将来にわたって実施を継続する体制を担保することが重要である.<br>

Monitoring programs concerned with a brown bear management plan devised for the Oshima Peninsula were surveyed and problems were reported. To get feedback about the management plan, trends in bear population and frequency of damage caused by bears have been monitored. Hunting statistics, biological analysis of captured individuals, distribution surveys via questionnaires and wide-area trace surveys have been carried out as a part of investigations of bear population trends for the whole of Hokkaido Island. And trials of population estimation via radio telemetry and hair-snagging were performed for a narrow region of the Oshima Peninsula. Although a rough estimate of this local population and examination for the establishment of a popula­tion estimate technique were performed, both lack of budget and staff shortage impaired the improvement of precision and development to a wider area. On the other hand, to monitor the frequency of damage, some new methods were tried, including the classification of problem bears by stage and estimation of the number of the problem bears. These should provide important indices to evaluate the progress of the management plan.<br>

収録刊行物

  • 哺乳類科学

    哺乳類科学 48(1), 91-100, 2008-06-30

    日本哺乳類学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026778324
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    9574770
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ