哺乳類細胞のストレス受容・伝達機構とそれに起因する疾患  [in Japanese] Mechanism of Stress Sensing and Signaling in Mammalian Cells and Its Roles in Human Diseases  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

生体内において,細胞は絶えず様々なストレス状況に直面しており,それに的確に対処するための巧妙なストレス応答メカニズムを進化的に獲得してきた.このメカニズムの破綻は,ストレスが引き金となって生じる様々な疾患に関与する.細胞はいかにしてストレスを受容・認識し,細胞内シグナル伝達経路を活性化しているのか? ASK1というストレス応答性シグナル伝達分子の解析を通じてわかってきたそのメカニズムと,がんや神経変性疾患におけるASK1の役割について最新の知見を解説する.

Journal

  • KAGAKU TO SEIBUTSU

    KAGAKU TO SEIBUTSU 48(7), 471-477, 2010-07-01

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

References:  26

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026875538
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00037573
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL Article ID
    10768335
  • NDL Source Classification
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL Call No.
    Z18-26
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top