カメムシ類の合成集合フェロモンによる卵寄生蜂の誘引とそのカメムシ卵に対する寄生に及ぼす影響 Attractiveness to the Egg Parasitoids and Effect on their Parasitism of the Synthetic Aggregation Pheromone of Two Bug Species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ホソヘリカメムシ集合フェロモンの一成分(<i>E</i>)-2-hexenyl (<i>Z</i>)-3-hexenoate (以下,E2HZ3H) およびクモヘリカメムシ合成集合フェロモンを誘引源とした粘着トラップを設置し,カメムシ類の卵寄生蜂の誘引数を調査したところ,E2HZ3Hを誘引源としたトラップでカメムシタマゴトビコバチ雌成虫が多数捕獲された。また,E2HZ3Hをホソヘリカメムシあるいはクモヘリカメムシの卵とともに設置すると,両カメムシの卵に対するカメムシタマゴトビコバチの寄生率が高まった。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 56, 91-93, 2009-12-01

    関東東山病害虫研究会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026875879
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11497675
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471899
  • NDL 記事登録ID
    10515802
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-120
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ