クリーニングによるセレウス菌除菌効果の検討  [in Japanese] Can Industrial Laundry Remove Bacillus cereus from Hospital Linen?  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 余 明順 YOH Myonsun
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター・病原微生物資源室 Pathogenic Microbes Repository Unit, International Research Center for Infectious Diseases, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
    • 松山 純子 MATSUYAMA Junko
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター・病原微生物資源室 Pathogenic Microbes Repository Unit, International Research Center for Infectious Diseases, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
    • 志馬 景子 [他] SHIME Akiko
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター細菌感染分野 Department of Bacterial Infections, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
    • 岡山 加奈 OKAYAMA Kana
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター細菌感染分野 Department of Bacterial Infections, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
    • 阪本 怜 SAKAMOTO Rei
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター細菌感染分野 Department of Bacterial Infections, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University
    • 本田 武司 HONDA Takeshi
    • 大阪大学微生物病研究所感染症国際研究センター細菌感染分野 Department of Bacterial Infections, Research Institute for Microbial Diseases, Osaka University

Abstract

リネンに付着した多数のセレウス菌<i>Bacillus cereus </i>がカテーテル等を介して患者血中に侵入し,敗血症を起こしたと疑われる院内感染事例が発生し,クリーニングによる除菌効果が問題になった.そこで,われわれは医療施設のリネン類の洗浄を請け負うクリーニング工場の現場で,各工程の菌数測定を行った.現在大手クリーニング施設で採用されている12 槽連続洗濯機による洗濯後のシーツ,タオルについてセレウス菌選択培地(NGKG 培地)で<i>B. cereus</i>,トリプチックソイ寒天培地(TSA 培地)で一般細菌の生残菌数を調べた.その結果,シーツ類では1 平方センチ当たりの<i>B. cereus </i>は,洗濯前0~32 個,平均7.6 個,洗濯後0~ 7 個,平均1.2 個であった.タオルは洗濯前10<sup>6 </sup>個以上であったのが,洗濯後は12~3,133 個,平均1,096 個となり,かなり減少したものの残存<i>B. cereus </i>菌数は高かった.同時に実施したTSA 培地を用いての一般細菌調査では,洗濯前のシーツ類では18~13,888 個,平均1,948 個と汚染は高かったが,洗濯後は0~18 個,平均5.7 個と減少した.タオルでは洗濯前10<sup>6 </sup>個以上,洗濯後でも3,759~4,750 個,平均4,232 個で,かなり減少したが残存菌数レベルは高かった.医療施設から回収したタオル,シーツ類をクリーニング施設内で翌日の洗浄時まで放置することによる菌の増殖は特に認められなかった.また通常のシーツとドローシーツとの間には大きな菌数差は認められなかった.落下細菌調査の結果では,汚染区域である洗濯場の菌数がかなり多かった.これらの結果は,洗濯後の仕上がりタオルの<i>B. cereus </i>汚染が医療施設で院内感染の原因となりうる可能性を示唆しており,改善の必要性が示された.また,洗濯場の作業環境の改善も必要であろう.

Contaminated hospital linen has caused some cases of <i>Bacillus cereus </i>bacteremia in Japan. We analyzed the disinfection efficacy of industrial washing of hospital towels and sheets by counting the number of <i>B. cereus </i>on linen before and after washing. That before washing averaged 7.6 cells/cm<sup>2 </sup> on unwashed sheets,decreasing to 1.2 cells/cm<sup>2 </sup> after washing. That on unwashed towels, however, averaged 10<sup>6</sup> cells/cm<sup>2</sup> before washing and 1,096cells/cm<sup>2 </sup>after washing, which was very high and suggested the possibility of causingnosocomial infection.

Journal

  • Kansenshogaku Zasshi

    Kansenshogaku Zasshi 84(5), 583-587, 2010-09-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10026893995
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00047715
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL Article ID
    10849068
  • NDL Source Classification
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL Call No.
    Z19-193
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top