アルコール消毒薬のノンエンベロープウイルスに対する有効性改善策 Improvement of Effectiveness of New Alcohol-based Hand Rubs Against Nonenveloped Viruses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  現在,アルコールベースの消毒薬は手指衛生において重要な役割を担っている.しかし,臨床的なニーズを充足できていない点も有している.その一つとして,近年その感染拡大が社会問題となっているノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスに対する薬効が挙げられる.今回,我々はアルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方を用いノンエンベロープウイルスに対する薬効(<i>in vitro</i>)と皮膚刺激性(<i>in vivo</i>)に着目した検討を行った.アルコールに有機酸を添加した処方では,ネコカリシウイルスに対して接触時間30秒以内に4 log以上の不活化効果を示したが,アデノウイルスに対しては消毒用エタノールと同程度の薬効であった.一方,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を添加した場合,ネコカリシウイルスとアデノウイルスの両ウイルスに対して30秒以内に4 log以上の不活化効果を示し,消毒用エタノールよりも優れた薬効を示した.また,ウサギ皮膚を用いてこれら処方の皮膚刺激性試験を実施した結果,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた場合,刺激をほとんど示さないことが明らかとなった.このように,アルコールに有機酸と亜鉛化合物を組み合わせた処方は,ノンエンベロープウイルスに対して従来にない有効性を示すと共に,スキンケアの観点から皮膚への刺激にも配慮した新しいアルコールベースの消毒薬を創出できる可能性が示唆された.<br>

  Alcohol-based disinfectants are now widely used, including in some key roles for hand hygiene, but have not yet satisfied clinical needs. For example, the spread of nonenveloped viruses such as norovirus sometimes causes social problems, but alcohol-based disinfectants do not have sufficient effect against nonenveloped viruses. This study investigated inactivation of noneveloped viruses (<i>in vitro</i>) and skin irritation (<i>in vivo</i>) by a series of new alcohol-based disinfectants containing organic acids and zinc compounds. Addition of organic acids showed efficacy against the human norovirus surrogate feline calicivirus (FCV) by inactivation of 4 log reduction or more within 30 seconds of exposure time and almost the same efficacy against adenovirus as ethanol for disinfection. On the other hand, addition of organic acid and zinc compound showed efficacy for inactivation of the virus of more than 4 log reduction against FCV and adenovirus within 30 seconds. Alcohol-based formulations combined with some organic acids and zinc compound reduced skin irritation of the rabbit. We conclude that new alcohol-based disinfectants containing organic acids and zinc compounds have improved effectiveness against nonenveloped viruses and better skin care.<br>

収録刊行物

  • 日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections

    日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections 25(2), 68-72, 2010-03-25

    一般社団法人 日本環境感染学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026902166
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12313188
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1882532X
  • NDL 記事登録ID
    10633344
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ