癒しロボットの外観に関する感性解析 : ロボットへの関わりと精神的健康度による差異の抽出 Outside Appearance of a Healing Robot by Using Sensitivity Analysis : People's Opinions Differ Depending on Whether They Interact with the Robot or not, and their Mental Health

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 癒しロボットの外観の印象評定を行い, 人を癒す外観の因子を抽出することである. 癒しロボットの外観を象徴すると思われる形容詞を抽出し, 調査対象者である大学生149名に, それらの形容詞を使い癒しロボットの印象評定を実施した. 印象評定に用いた形容詞に対して因子分析を行った結果,「性能」因子,「安堵」因子,「理想」因子の3因子が抽出された. 本調査以前にロボットに関与したことがない者はロボットに関与したことがある者よりロボットに対して「安堵」因子を求めていた. 逆にロボットに関与したことがある者はロボットに関与したことがない者より「理想」因子を求めていた. また, 精神的健康度に関しては, 落ち込みやすい者は, 理知的であることや真面目であることをロボットに求めていることがわかった. さらに, 怒り―敵意及び疲労感の得点が高い者は, そうでない者に比べて「性能」因子を求めていた. これらの結果より, 外観は見かけのみならず, その性能や効果の印象にまで影響を与えることがわかった. さらに癒し効果を上げるためには, 個人差に考慮したロボットの外観をデザインすることが望ましいことが明らかになった.

The purpose of this study is to find out which factor of the healing robot is important by rating each person's impression of the robot. The three factors of the results of the analysis are efficiency, relief and how ideal the robot is. People who have experience interacting with the robot want a more genuine robot, but people who do not have experience interacting with the robot want a robot which is comfortable and gives them a feeling of relief. Concerning degrees of mental health, it was discovered that people prone to depression demand that their robots be intellectual and serious. People who are tired and tend to hostile want a robot whose performance is highly efficient. How people judge the appearance of the robot depends on their character or willingness to interact with the robot. The appearance of the robot is important because the robot's appearance affects people's minds, making them think it's clever and performs well. In order to produce greater healing results, it became desirable to design a robot whose external appearance takes into account differences among individuals.

収録刊行物

  • 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics

    人間工学 = The Japanese journal of ergonomics 44(6), 317-324, 2008-12-15

    一般社団法人 日本人間工学会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026941712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199371
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05494974
  • NDL 記事登録ID
    9748586
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-435
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ