京都市近辺地域における住宅居住者の居間での休息姿勢 : その体温調節行動的側面 The posture of the residents in the living room in and around Kyoto city : Aspect of the behavioral temperature regulation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松原 斎樹 MATSUBARA N
    • 京都府立大学人間環境学部環境デザイン学科 Department of Environmental Design, Faculty of Human Environment, Kyoto Prefectural University
    • 藏澄 美仁 [他] KURAZUMI Y
    • 京都府立大学人間環境学部環境デザイン学科 Department of Environmental Design, Faculty of Human Environment, Kyoto Prefectural University
    • 大和 義昭 YAMATO Y
    • 京都府立大学人間環境学部環境デザイン学科 Department of Environmental Design, Faculty of Human Environment, Kyoto Prefectural University
    • 下村 孝 SHIMOMURA T
    • 京都府立大学人間環境学部環境デザイン学科 Department of Environmental Design, Faculty of Human Environment, Kyoto Prefectural University

抄録

本研究では,室内における居住者の休息姿勢の実態と,その体温調節行動としての側面について考察するため,京都市近辺地域の住宅居住者を対象として夏期·冬期にアンケート,及びヒアリング·室温実測からなる実態調査を行った.男性の姿勢は夏季は横臥,椅座,投げ足,あぐら,仰向けの順,冬季は横臥,椅座,あぐら,投げ足、仰向けの順に多かった。女性の姿勢は夏季は椅座、横座,投げ足,横臥,仰向けの順,冬季は椅座,横座,投げ足,横臥,仰向けの順であった.居住者は室内においても暑さや寒さに影響された生活をしており,団らん時にくつろぐ姿勢や場所などにその影響が見られた.冬季の場合,約77%,また夏季の場合は約58%が,暖かさや涼しさを求めて「くつろぐ位置」を決めている.また,LDK内の温度分布が大きく寒い場合,あるいは室温変化がより顕著な場合に,「くつろぐ位置」として「こたつの周囲」を,あるいは「くつろぐ場所」として「電気カーペットの上」を選択することが多いという傾向が見られた.居住者の住宅内部での住まい方には体温調節行動と解釈できる部分がかなり大きいことが明らかになった.

The purpose of this study is to clarify the variations in residents’ posture while sitting in their living room from the standpoint of behavioral temperature regulation. Data was collected by questionnaire and interview. The frequency of the various postures for males in the living room was, in descending order, lateral decubitas, sedentary, sitting with legs stretched, and sitting with legs crossed in summer; and in winter, lateral decubitas, sedentary, sitting with legs crossed and sitting with legs stretched. The frequency of postures for females in the living room was, in descending order, sedentary, sitting with legs sideways, sitting with legs stretched, and lateral decubitas, in summer; and in winter, sedentary, sitting with legs sideways, sitting with legs stretched, and lateral decubitas. The thermal environment was found to affect the residents’ posture variation in the living room. Seventy-seven percent of the residents in winter and 58% in summer chose were to recline based on the level of thermal comfort. These facts can be interpreted as a type of behavioral temperature regulation.

収録刊行物

  • 日本生気象学会雑誌

    日本生気象学会雑誌 37(2), 73-85, 2000-08-01

    日本生気象学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10026947540
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193590
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03891313
  • NDL 記事登録ID
    5544340
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-618
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ