増えている輸入真菌症  [in Japanese] 5. Imported Mycoses - An Emerging Threat.  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

輸入真菌症は海外の特定地域でのみ流行して真菌症であるが,コクシジオイデス症,ヒストプラズマ症を中心に近年急速に増加している.いずれもわが国で見られる真菌症に比べるとはるかに感染力が高く,また診断法や治療法も大きく異なる.特に培養検査は危険性が高く,十分な知識を持たずに安易に検査を行うと,大規模な感染事故の原因となる.このため,病像を正しく把握するほかに,内科診断学の基礎である流行地への訪問歴/生活歴の厳密な聴取,そして本症を疑えるかどうかが診断における決め手となる.<br>

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 99(11), 2689-2695, 2010-11-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  8

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10027509014
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    10903693
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top