圧迫性脊髄症急性増悪期例に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)を用いた神経保護療法 : Phase I/IIa 臨床試験  [in Japanese] Neuroprotective therapy using granulocyte-colony stimulating factor for rapidly aggravating compression myelopathy : a Phase I and IIa clinical trial  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 佐久間 毅 SAKUMA Tsuyoshi
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 山崎 正志 YAMAZAKI Masashi
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 高橋 宏 TAKAHASHI Hiroshi
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 加藤 啓 KATOH Kei
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 林 浩一 HAYASHI Koichi
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 川辺 純子 KAWABE Junko
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 古矢 丈雄 FURUYA Takeo
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 山内 友規 YAMAUCHI Tomonori
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 門田 領 KADOTA Ryo
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 染谷 幸男 SOMEYA Yukio
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 西尾 豊 NISHIO Yutaka
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 鎌田 尊人 KAMADA Takahito
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 腰塚 周平 KOSHIZUKA Shuhei
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 池田 修 IKEDA Osamu
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University
    • 村田 淳 MURATA Atsushi
    • 千葉大学医学部附属病院リハビリテーション部 Division of Rehabilitation, Chiba University Hospital
    • 大河 昭彦 OKAWA Akihiko
    • 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 Department of Orthopedic Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University

Abstract

我々は,圧迫性脊髄症急性増悪例に対する顆粒球コロニー刺激因子(Granulocyte-colony stimulating factor: G-CSF)を用いた神経保護療法について,安全性確認を主目的としたPhase I/IIa臨床試験を進めている。本試験の第1段階でG-CSF 5μg/kg/日投与の安全性が確認されたのに引き続き,今回は,第2段階としてG-CSF 10μg/kg/日の投与を行った。直近1ヵ月間に日本整形外科学会頸髄症治療判定基準にて2点以上の悪化を認めた12例に対して本試験を施行した。本人の自由意思による文書同意を得た後,G-CSF 10μg/kg/日を連続5日間点滴静注投与した。投与後に有害事象の有無を確認し,運動・感覚麻痺の推移の評価を行った。神経所見については,G-CSF投与後に,程度の差はあるものの全例で運動・感覚麻痺の改善が得られた。American Spinal Injury Association scoreは投与直前の平均が運動91.0±6.5点,触覚91.6±17.4点,痛覚86.5±15.9点であったのに対し,投与後1ヵ月後は運動98.0±3.2点,触覚99.1±15.3点,痛覚99.8±11.0点に改善した。白血球数は投与前6.1±1.6×103/μLに対し,投与開始の翌日には22.7×103/μL以上に上昇し,投与期間中は22.7~47.3×103/μLの値が維持され,最終投与の3日後には,ほぼ投与前の値に戻った。G-CSF投与期間中および投与後に有害事象の発生はなかった。

Journal

  • Chiba medical journal.

    Chiba medical journal. 86(6), 233-239, 2010-12-01

    千葉医学会

References:  23

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10027627735
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00142148
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03035476
  • NDL Article ID
    10951580
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-499
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR 
Page Top