マイコウイルスとヴァイロコントロール Mycoviruses and Virocontrol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 千葉 壮太郎 CHIBA Sotaro
    • 岡山大学資源植物科学研究所 植物・微生物相互作用グループ Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
    • 近藤 秀樹 KONDO Hideki
    • 岡山大学資源植物科学研究所 植物・微生物相互作用グループ Institute of Plant Science and Resources, Okayama University
    • 兼松 聡子 [他] KANEMATSU Satoko
    • 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 National Institute of Fruit Tree Science, National Agricultural Research Organization (NARO)
    • 鈴木 信弘 SUZUKI Nobuhiro
    • 岡山大学資源植物科学研究所 植物・微生物相互作用グループ Institute of Plant Science and Resources, Okayama University

抄録

マイコウイルス(菌類ウイルス)は菌類の主要な分類群から広く報告されている.特に近年のウイルス探索の結果,新しいマイコウイルスが次々と報告され,新規のウイルスゲノム構造,遺伝子発現様式,粒子構造の発見を齎した.また,同時にウイルスの多様性,進化の理解へと繋がった.マイコウイルスの多くは2本鎖RNAをゲノムにもつ球形ウイルスであるが,粒子化されない1本鎖RNAウイルスも多く見つかっている.自然界では,マイコウイルスは宿主菌の細胞分裂,細胞融合,胞子形成により水平・垂直伝搬するが,細胞外からの伝搬・侵入経路は知られていない.マイコウイルスの多くは無病徴感染をするが,一部のウイルスは宿主菌に病徴を惹起し,巨視的表現型の変化を齎す.マイコウイルスが植物病原菌の病原力を低下させる場合は,ウイルスを利用した生物防除(ヴァイロコントロールと提唱)が試みられている.ヨーロッパではクリ胴枯病菌のヴァイロコントロールの成功例があり,一方,日本でも果樹の白紋羽病菌を標的としたヴァイロコントロールが試みられている.本稿では,マイコウイルスの一般的性状を概説し,ヴァイロコントロール,さらにはそれに関係するウイルスについて紹介する.

Viruses are widespread in all major groups of fungi. The transmission of fungal viruses occurs intracellularly during cell division, sporogenesis, and cell fusion. They apparently lack an extracellular route for infection. Recent searches of the collections of field fungal isolates have detected an increasing number of novel viruses and lead to discoveries of novel genome organizations, expression strategies and virion structures. Those findings enhanced our understanding of virus diversity and evolution. The majority of fungal viruses have dsRNA genomes packaged in spherical particles, while ssRNA mycoviruses, possessing or lacking the ability to form particles, have increasingly been reported. This review article discusses the current status of mycovirus studies and virocontorl (biocontrol) of phytopathogenic fungi using viruses that infect them and reduce their virulence. Selected examples of virocontrol-associated systems include the chestnut/chestnut blight/hypovirus and fruit trees/ white root rot fungus/ mycoviruses. Natural dissemination and artificial introduction of hypovirulent fungal strains efficiently contributed to virocontrol of chestnut blight in European forests. Attempts to control white root rot with hypovirulence-conferring mycoviruses are now being made in Japan.

収録刊行物

  • ウイルス

    ウイルス 60(2), 163-176, 2010-12-01

    日本ウイルス学会

参考文献:  104件中 1-100件 を表示

  • 1 / 2
  • 1 / 2

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10027644153
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00018808
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00426857
  • NDL 記事登録ID
    10955738
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー) // ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z19-501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ