物質使用障害患者における乱用物質による自殺リスクの比較 : アルコール, アンフェタミン類, 鎮静剤・催眠剤・抗不安薬使用障害患者の検討から  [in Japanese] A study on differences of suicide risk in substance use disorder patients by types of an abused substance : A comparison among alcohol, amphetamine, and sedative, hypnotic or anxiolytic use disorder patients  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 松本 俊彦 MATSUMOTO Toshihiko
    • 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部/自殺予防総合対策センター Department of Drug Dependence Research/Center for Suicide Prevention, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry
    • 松下 幸生 MATSUSHITA Sachio
    • 独立行政法人国立病院機構 久里浜アルコール症センター National Hospital Organization Kurihama Alcoholism Center
    • 武藤 岳夫 MUTO Takeo
    • 独立行政法人国立病院機構 肥前精神医療センター National Hospital Organization Hizen Psychiatric Center
    • 小沼 杏坪 KONUMA Kyohei
    • 医療法人せのがわKONUMA記念広島薬物依存研究所 Konuma-memorial Hiroshima Drug Dependence Institution
    • 森田 展彰 MORITA Nobuaki
    • 国立大学法人 筑波大学大学院人間総合科学研究科 University of Tsukuba Graduate School of Comprehensive Human Sciences

Journal

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 45(6), 530-542, 2010-12-28

References:  33

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10027807739
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10518421
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13418963
  • Data Source
    CJP  CJPref 
Page Top