動物プランクトンに共生する繊毛虫類の生活史と生態的機能  [in Japanese] Life cycle and ecological roles of ciliates associated with marine zooplankters  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 大塚 攻 OHTSUKA SUSUMU
    • 広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター竹原ステーション Takehara Marine Science Station, Setouchi Field Science Center, Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University

Abstract

本稿では,動物プランク卜ンとして重要なカイアシ類,アミ類に共生する繊毛虫の生活史,生態,生態的機能について概説する。なお,「共生」に関する厳密な定義は困難である場合があるが(Bush et al. 2001), ここでは相利共生,片利共生,寄生,捕食寄生,便乗なども含む広義の意味で「共生」という言葉を使用し,宿主と共生生物との種間関係が明確でない場合も「共生」という言葉を使用する。通常,宿主が共生生物より体サイズが大きく,宿主と共生生物間に食関係か成立していて宿主になんらかの悪影響がある場合を「寄生」,宿主を確実に死に至らしめる場合を「捕食寄生」と呼ぶこととする。

Journal

  • Bulletin of the Plankton Society of Japan

    Bulletin of the Plankton Society of Japan 58(1), 87-93, 2011-02-26

    日本プランクトン学会

References:  38

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10027957421
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00197015
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03878961
  • NDL Article ID
    11035329
  • NDL Source Classification
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL Call No.
    Z18-1045
  • Data Source
    CJP  NDL  IR  JASI 
Page Top