核鑑識技術の確立に向けて  [in Japanese] Establishment of Technologies for Nuclear Forensics Analysis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 近年,核兵器等によるテロリズムの脅威を未然に防ぐための国際的な取組みとして「核の鑑識(nuclear forensics)」がクローズアップされている。核物質等の不法取引や核・放射性物質を伴う破棄行為の際に押収または採取された核燃料等を分析し,その出所,履歴,輸送経路,目的を特定するというものであり,不正取引や核テロを効果的に防止かつ抑止する上で極めて重要な技術である。2010年4月の核セキュリティーサミットにおける合意に基づき,今後,我が国でも核鑑識技術の確立に向け取り組んでいくことが必要となった。本稿では,核鑑識技術の現状について国際的な取組み状況を含め解説するとともに,今後,我が国として対応すべき核鑑識の技術開発およびこの分野における国際協力のありかたについて併せて考察する。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan 53(4), 263-267, 2011-04-01

    Atomic Energy Society of Japan

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10027960709
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    18822606
  • NDL Article ID
    11059808
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top